不動産売却の費用

不動産売却を行う際、様々な不安や悩みが付き物になってきます。例えば売却に関する諸経費についてです。金額などがあまりに大きすぎて、ただ漠然とした計算で計画を経てていませんか?しっかりと計算し数字にする事で、そういった不安が消えていきます。 不動産売却でまずかかるものは抵当権と仲介手数料などの抹消費用についてです。不動産を売却する訳ですから、まずはこういった物を抹消する費用が発生します。

こういった抹消費用などは、媒介契約時に相談をしておく事により金額を減らす事が出来る場合があります。仲介手数料という部分は比較的注目が薄れる部分ではありますが、仲介業者が提示している「仲介手数料が○○%オフ」といった条件や「仲介手数料が無料」といった条件を見逃さないようにしましょう。また万が一売却する事をキャンセルする可能性がある場合には、必ず仲介業者にキャンセル料などが発生するかどうかも確認しておく必要があります。

また売却金額が高額だった際に譲渡益などが生まれる場合もあるので、所得税なども計画に含めておく必要があります。思わぬ収入があるという事は同時に、思わぬ出費へと変わるという事を念頭に置く必要があります。 上記に上げた具体的な金額などは、仲介業者となる不動産会社に問い合わせてみるか、税理士が行う無料相談会などで聞いてみるのが一番でしょう。税金や諸経費といった部分は普段の生活ではなかなか縁のない話ですので、判らない事があればその都度専門家などに相談してみるのが良いでしょう。

▽特選サイト
不動産を売る仲介業者選びに便利な一括査定サイトです ⇒ ⇒ 不動産売却一括査定サイト

査定をお願いする際の注意点

不動産売却の際の査定方法について、予め知っておくべきポイントをまとめてみました。 まず一つの不動産会社・仲介業者にこだわらず、様々なところで見積もりをお願いする事です。色々な観点から査定を貰う事により、どこの部分がプラス・・・

相続との関係

両親や親族が無くなった際に、相続などで得た不動産を売却する時、様々な点で注意が必要となってきます。 まず売却した際に発生する譲渡益に対しては、住民税や譲渡所得税といった様々な税金が課せられます。ただ不動産が相続されたというだけで浮かれる事は絶・・・

契約や登記はどうなる?

不動産売却をする際、もう一つ重要となるのは契約や登記といった点です。 まず不動産を売却する際には、双方で納得がいった契約書を作成する必要があります。売買契約を交わす具体的な内容を記した上で不明点をしっかりと無くしてお・・・